すべての情報を得ることがいいことなのかどうか考えることが大切です

視覚について

視覚を考えてみるとわかりやすいと思います。私たちは、視覚に映るものすべてを頭の中で把握していないということは、車のラリーでナビゲーションする人間と運転する人間の関係を考えて見ると明らかに違います。ドライバーは路面からくるアクションと直前の危険を察知して対応する運動能力と連動した視覚が働いています。ナビゲーターは、大きく地図上を思考が動いていて、大雑把な起伏の状況を把握しているー視覚情報はその範囲に限定していないと、長距離のラリーでは感覚が続かないとこになると思います。

情報の主体の見直し

情報の主体はあくまで、本人であることがポイントです。

情報の切り捨てと確認

流れてくる情報の多くは、もちろん有用なものもあるかもしれませんが、むしろそれも含め多くを切り捨ててしまい、自分はどう向き合いたいのか考えることが大切です。



6回の閲覧