たたけよ、さらば開かれんの本当の意味の推察ー聖書と禅の関係

たたけよされば開かれんの意味

たたけよされば開かれんの意味は、ほとんどの人が門をノックすればチャンスが来るだろうという意味に考えられてしまいます。


宗教の真理もキリストの受難とその後を考えれば、それは、全ての人にチャンスはあるかもしれないが、全身全霊でそのチャンスに挑むことを示していると考えます。

芸術との共通点

創造性ということもそれによく似ていて、芸術と共通点があります。最後の一滴をぶつけることができて初めて、無意識の何かが生まれれば創造が生まれてくるもので、門を叩くことによく似ています。

極限の中に

「人間の極限は神の機会である」(鈴木大拙)ー自己中心的な努力を捨てなければ達することはないという意味では、非常識な狂気な中にしかその真理はないのかもしれません。



4回の閲覧