ほとんどのオフィスワークがテレワークで代替可能であることー人間の本質(共感)の場の欠落に備える。

ホワイトカラーの仕事のかなりな部分がテレワークで代替可能であることが、今回の新型コロナウイルスの影響下で実証されたのと、現実に学習されたことで、労働環境は明らかに加速度的に変化することは間違いのないところです。創造性や共感の必要な分野など、ホワイトカラーロボットに代替されない分野は、最後まで残ることになります。拘束されていない時間を獲得することができることは、労働者の夢でしたが、現実に可能性のあるところまできたという感じがします。ただ、人間の本質は、共感するということにあって、どこまで、ネットワークで代替できるのか?という課題はいまだに模索中というところでしょう。経済の性質または本質は、お金を流動させることにあると考えられます。「誰かに会わなければいけない」から移動するという物理的流動性がお金をかき回して経済を動かしています。このようなモチベーションの喪失とどう経済は向き合うのか考えていかなければなりません。



73回の閲覧