チェスの話 ツヴァイク短編集から見る圧力

チェスの話は2人の人物を中心に回る物語です。ひとりは、チェスの世界チャンピオンもうひとりは、その男と乗り合わせた船でチェスをするユダヤ人の男の話です。


ユダヤ人に対するナチ拷問によってすでに男(B博士)の心は壊れているにもかかわらず、勝負は始まる。


この二人の間には、容赦ない時間の違いがあって、チェスの世界チャンピオンの持つ時間の流れ、奪われた時間の中にいたB博士の時間そのものの戦いとなります。B博士の時間の蓋が開けられたときに勝負が決することになります。


この1941年発表の物語は、ツヴァイクが亡命先ブラジルでの死の前年ということになります。





6回の閲覧