ドイツでベーシックインカムの実証実験が開始ー新社会制度への提言としての意味

ドイツでのベーシックインカムの実証実験

ドイツでベーシックインカムの実証実験プロジェクトがドイツで立ち上がっています。月約15万円の支給を3年間行うというものです。


200万人の中から当選で選ばれた120人に支給するというものです。


その中から受給していない1380人も比較対象者として選ばれています。その財源は14万人の寄付によるもの。


プロジェクトの主導者はドイツ経済研究所とケルン大学、マックス・プランク研究所、NPOのマイン・グルントアインコメン(以下M G)で、MGはすでに1人あたり12万円程度のベーシックインカムを1年行う活動を7年間つずけています。

実証実験の社会的意味

M Gを主催しているボーマイヤーは、人は自分自身の価値を認識すると語っています。


この実証実験は、新しい社会制度への大きな提言となると考えられます。


日本も多くの若者が厳しい状況となってくることは間違いなく、新たな社会制度の創設が重要となってくることは間違いありません。

(参考 BIG ISSUE VOL400 見市 知のレポート参考)