フーコー(M.foucault)の権力観は現在の状況にあてはまるか?

フーコーは、権力は、支配と被支配の二項対立で説明できない、暴力であったり圧迫であったりわかりやすく目に見えるものではなく、近代特有の管理システムに埋め込まれた権力で、あらゆる施設や社会に入り込んでいるという考えを提示しています。この管理システムを支えているのは、近代科学的言説、真理や知に基づく言説が権力の源泉であると考え、新しい権力観で従来の権力観を更新しました。真理のない政治は、市民が「自発的に受容される」政治ではないといえるのだと思います。



135回の閲覧