ロボットは卵をつかめるか?

この言い方は1980年代にあったもので、この課題はとっくに解消されていて、指にセンサーを取り付けて適切な力を保つということなのだといいます。硬いものは、少数のパラメーターで状態が表現でき、つかむ・置く・重ねるなどの操作が可能で、形状のいっていの卵(もちろん生卵はつかめませんが)はつかめるが、布をたたむ作業操作は自明のものでないようです。洗濯物のやまのなかからシャツや靴下を拾い上げて、たたんでたんすにしまうことは実現できていないと新山龍馬(ロボット研究者)は述べています。論理的な推論はすでにAIに負けていることは事実ですが、生物自身には簡単にはなれないということでしょうか。






59回の閲覧