中学受験をすることの是非について

 中学受験の試験問題の中身から考えると、試験問題自体はよくできていて、算数の問題などは、思考力を要する素直な良問が多く、やってみるとなるほどこのような問題に回答できる子に入学してほしいのかとよく理解できます。私立の中学の問題はよりそのあたりのメッセージが明確でもあるような気がします。

 受験勉強というものをやる前に、その問題への適性を見ておくことが必要だと思います。勉強を続けても難しいこともあるので、そこを無理に中学受験に合わせるのではなく、もう一度学力のありどころを考えて、適性を見極めることが親と子供の関係を大切にしていく上で必要なことだと思います。

 落ち着いて、中学校の試験問題からのメッセージを聞いて、親がよく考えることが大切です。 

57回の閲覧