国語の難しさはどこからくるのか

 「日本語を学ぶこと」と「国語を学ぶこと」は明らかに違うという感じを受けると思います。日本語を外国語として学ぶ学習者は、日本の学校で学ぶ伝統的な国語文法ではない形で文法を学ぶことになっています。コミュニケーションの道具として学ぶという合目的で学ぶことそれもできるだけ効率的に学ばなければならないー生活語を早く獲得しなければなりません。

 国語を学ぶことは、日本語を学ぶという合目的な性格と同時にNational Language を学ぶという歴史的な意味を学ぶことになります。漢文を学ぶことはなぜ必要か?今、古文を学ぶことはなぜ必要か?考えてみるとよくわかると思います。コミュニケーションの道具として国語は実在しないことが理解できます。

 入学試験はこの国語と道具としての言語の表裏をなしているものの存在に悩み、苦しんでいるのだと思います。

 数学を得意としている子供が国語を理解できないということは、案外おかしなことではないことを思いますし、それを実証する事実でもあります。

 

24回の閲覧