地域と都市をどのようにとらえるのか

都市とは何か

都市とは何かという問いにどのように答えるのか、一つには結節機関が存在に本質があると、鈴木榮太郎は考えました。結節機関とは、商店、警察、駅、学校、寺院、娯楽施設など、人の交流が生まれる場所ということになります。


都市をどのように位置付けるかによって、さまざまな社会学理論が発展してゆくことになります。


日本の社会

日本では昭和20年代まで農村が日本社会を解明するための中心的なものでした、昭和30年代の高度成長の黎明期にはアーバニズム論の影響で都市化を中心問題ととらえ、村社会の解体へと焦点が移っていきます。


都市空間

社会の発達とともに、都市空間が作り出され、その変容しいく課程を理解しなければ都市を理解できなくなっています。


また、変容する東京という空間は、世界都市なのですが、なお、その中で生活する人々が守ろうとする空間も存在しています。


高価価格、高コストが都市の持った性質であり、その中で暮らす人間とそうでない人間はもしかして、違う空間を生きるものなのかもしれません。