平成29年度の学習指導要領の改定ーその目指すものは?

 文科省の小学校学習指導要領(29年度告示解説)に詳しいのですが、未来は予測困難、AIの発展による変化に対応など複雑な状況変化に対応できるよう情報を見極め知識の概念的理解を実現し知識の再構築を図るーといったことが記述されています。

 9歳の壁を越えるというレベルの話ではないことは間違いなく、教師はさらにカリキュラムマネージメントを求められることになります。

 言語能力を一つとっても個別的差異などから、教えるということに関してかなりの難度があります。発達の問題ー成長の違いが解消されることはなく、教師という仕事は常に求められるものに応えられないことが多くなることは間違いありません。




29回の閲覧