数学は神秘的な役割を持つ

 物理の理論に必要な数学は数学者によってあらかじめ準備されているー小平邦彦の言葉です。数学は神秘的であるとも言っています。数学者は美意識を持って数学に挑んでいる人々ですが、基本的に楽観主義者でもあります。問題が解けないとは思っていません。何度でも、暗闇の中に入っていって周りが見えてくるまで考え抜くことをやめません。

 抽象的な思考から、前向きに、挑むというとが数学の本質で、結局これを伝えることができなければ、数学の好きな子供は永遠に生まれないということです。




19回の閲覧