新型コロナウイルス対策ースウェーデン

スウェーデンの新型コロナウイルス対策は、他のヨーロッパの諸国の対策と比較して、国民の自由意志を尊重する政策をとっています。集団的な免疫力を獲得する方向を向いていると考えられます。集団活動を維持しながら、感染者の発症率の高さに応じながら対策するという考え方に基づいているようです。報道としては、NRK(ノルウェー放送協会Norsk Rikskringkasting,NRK)のサイトを日本語で閲覧することをお勧めします。ストックホルムの学者グループは、強制力の高い措置を講じることを求めているようです。

スウェーデン大使館のホームページを閲覧すると、「新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的流行)に対する戦略」の中で、ロベーン首相は「スウェーデンの政府機関と医療機関は全力を尽くしています。しかしスウェーデン 国民の一人ひとりが個人の責任ををもって対処しなければなりません。誰もが責任ある行動をすれ ば、ウイルスの感染拡大は抑制できます。『少しでも症状があれば、職場に行かず他の人との接触を 避ける』という当局のアドバイスに従ってください」と呼び掛けています。日本の水際の対策は、渡航中止勧告を継続中です。スウェーデンが今後どのような政策を取っていくか注目するところです。

55回の閲覧