新型コロナウイルス感染症の風評被害を考える

 新型コロナウイルス感染症の罹患率が高まってきている状況で注意することは、罹患者に対する風評であると思います。ウイルスの性質から自分自身がその立場になることはかなりの確率であること、罹患した場合はある程度公表を覚悟して置かなければならないことを理解しなければなりません。三密を避け得ない場所で働く人ほど罹患率が高くなり、本来、介護現場、医療現場などコミュニケーションが重要な職場の職員が多くなることは、かなりな注意をしていたとしても当然のこととして考えるべきだと思います。

 

 もちろん、会社は企業として、顧客に対する責務を問われることがあるのかもしれませんが、完全に自己責任と言い切れないのが、新型コロナウイルスの特徴であると考えます。


 本来の権利として差別を受けない、プライバシーを守るなど基本的なところに回帰して考えることが重要です。



23回の閲覧