本来はなにが大切なのかー風評被害はなにが原因か

 新型コロナウイルスに罹患した場合の風評については、人間の本質が見えてくるところです。本来、新型コロナウイルスに一度に多くの人が罹患した場合の医療崩壊を防ぐことが大きな目的の一つなのですが、手段が独立したものとして自立して、本来の人間自身を守るという最大の目的を失って、機械的に制度として磨かれ中心を見失ってしまったことにあると思います。

 

 悪意から風評が起こるというよりも、手段を達成する真摯な態度が強く関係しているのだと感じます。


 このジレンマから自立するためには、中心は、新型コロナウイルスの対応は個々の人のため、自分自身のためにあるということを思い、風評に終止符を打つべきであると思います。





23回の閲覧

最新記事

すべて表示

地球温暖化への取り組みー新型コロナウイルスとの関連

『温室効果ガス排出の約半分は資源の採取や加工時に起因するとされ、生物多様性への影響や水質汚染への影響に至っては9割以上がこれらに由来するという。このため、(1)使用する資源をより少なくする、(2)資源を使って生産された製品のライフサイクルを長くする、(3)資源自体をできるだけ再生可能なものにしていく、といった循環型経済確立を推進していくことが求められている。』(ジェトロ海外調査部 欧州ロシアCIS