環境法の考え方ー世界と個人は一つの連環の中にある