病後の医療ー訪問介護と訪問看護の違い

自宅での死を選択した場合、必要なサービスは共通の面が多いと思いますが、医療行為が必要なのかどうかで大きく異なっています。


訪問看護は、医療処置、生活を支えるためのケア、家族のケアに対応する。
訪問介護は、介護保険のサービスで、心身保護、生活援助を行い、医療行為は行いません

訪問看護の場合は、がんの疼痛看護の資格を持った認定看護師が訪問して、痛みの緩和をすることができます。


状況に合わせた判断が必要になってきます。今は、地域包括ケアセンターが中心となって状況の相談に応じてくれることになりますが、基本的に最後の延命的な治療をするのかどうか、自宅か病院でなくなるのかどうかという流れが大きな判断どころで、意志を明確にしておかなければならないー自分の死のあり方は自分で決定するーリスクは自分自身で負うことが大切です。


また、高齢者のいる家庭では、認識力が弱くなっている場合は特に、平常時の本人の意志の確認が大切だと思います。



10回の閲覧