経済学とはなにかということ

 経済学がどのようなものなのか?ということについて簡単に解説することから入っていくので、日本経済新聞を読みこなせるといった場合は、面白くない記事になってしまうと思います。

 経済学は、経済分析を行うことが中心的課題になっています。経済学の分野は大きく分けて、ミクロ経済学とマクロ経済学の2分野ということになります。

 ミクロ経済学は、商品の取引を分析する分野です。ミクロ経済では、商品=財、材を生産する企業=生産者、財を買う人=消費者と呼んでいます。生産者と消費者が財を取引する場を財市場といい、その経済の仕組みを市場経済と呼んでいることになります。
 マクロ経済学は、国全体の経済の仕組みを分析する学問です。消費者と生産者が市場で物を売買するとき貨幣の取引を行いますがこの取引の場を貨幣市場、取引の貨幣の過不足を調整するもための取引を債権市場と呼びます。貨幣市場と債権市場を合わせたものが金融市場と呼んでいます。消費者は、財を買うための所得を得るために働らく、生産者は、財を販売するために労働者を雇用するーこの労働の取引をする場を労働市場と呼んでいます。

経済学は仕組みが複雑というよりも、複雑な要因を整理して、単純な思考へ還元して説明することがその使命でもあります。






44回の閲覧