絵本にはすべてがあるーどんな時もあなたに寄り添うものです

1日の終わりに

その日、どのようなことがあっても一冊の絵本を見る時、とても良い時間が流れます。


どこか違う世界で生きることも、子供と一緒に、勉強することもできます。科学だって、哲学も・・・それも簡単に答えることのできない大問題に直面することもできます。

問題解決の方法

問題を解決するのには、ステップを踏むように、最近接領域を見つけて子供に指し示すことがヴィゴツキー以来のやり方ですが、大人も簡単に答えられない、ブッダも悩んだ問題へ導いてくれるのが絵本です。

小さい生活の楽しさ

また、ある時は、おもちゃやお茶の時間の楽しさと美しさを教えてくれます。暖炉のそばでマフィンにジャムをぬってを食べる、想像するだけでいいと思いませんか現実ではないとしても・・・そんな時間を持っている人が絵本のなかに生きています。

リアリズム

絵本は絵空事?を描いているのでしょうか、いえいえ、嘘の話は誰も読まないでしょ必ず真実の光があって、むしろ本当に大切なことを教えてくれます。

いろいろありますが

楽にいききることは難しいと思います。あなたにあった絵本が必ずあります。図書館で探してみてくださいね。



10回の閲覧