裁判で実証できる限界ー社会そのものが宗教?創業年数とは?

八ツ橋の創業年数(いつから創業生産しているか)の問題が裁判になっていたのですが、判決の一部は、買う人の立場からそこは問題にならないだろうといことでした。損害や被害としては、実証は難しいのではないかと思います。宗教と社会の面から考えると、宗教の本質は、体験とその象徴的に表現しているアイテムであったりすることがあると考えられます。創業何年という表示は創業の古い会社に見られるものですが、建国記念や国旗などそれぞれの国の一つの宗教であることを考えれば、創業何年というものは、一体感を持つ会社にとっては宗教のように大切なものであることは感じます。もちろん、裁判の合理性とは、整合しないことも同時に感じます。





40回の閲覧