親の期待と子供の心理ー話しあうこと

 子供はどうしても親の期待に応えたいという気持ちがあって、学習塾に通う子供は、この子はなにをしに来ているのだろうという子供もくることがあります。学習塾に行くことで、「親が安心してくれるということ」「行きたくないないのだが、親にいえない」という本音があるようです。学校の学習と塾の学習のバランスは、車の両輪のようにはいかないところですが、できてしまう子供もいるので、自己を肯定できない感情が強くなるーそのため、塾でもよくない態度になるという必然性の中にあるようです。

 塾のテキスト・システムはよくできていて、利用すれば確かに項目応答的な問題の対応はかなりできるようになることは間違いないとは思います。塾は経営なので、懸命に取り組んでもいます。

 ただ、偏差値の左寄りの山の子供の場合は、みかんをかごに入れずにわたす、もしくはかごをもっていない手元に多くのみかんをわたす状況によく似ています。

 スポーツも勉強もという気持ちはわかりますが、親のプライドが先行することは危険です。話あうことが大切です。

10回の閲覧