Googleのコミュニティ モビリティレポート

レポート(5月19日付けで更新)は、小売店と娯楽施設、食料品店と薬局、公園、公共交通機関、職場、住居などに分類し、地理的な人の移動状況をグラフでしめしてくれていて、例えば、レストラン、カフェ、ショッピングセンター、テーマパーク、美術館、図書館、映画館などのカテゴリーは、中央値から-31%ところにあります。行動の指針としてのデータではないのですが、今の人の動きと経済的影響、また必要としている政策はなんなのか?など数字として感覚を備えておくのに役に立つと思います。この数値が、どのように変化するのか注視したいと思います。

101回の閲覧