PDCAサイクルとは?経営管理論

 PDCAサイクルは、経営を循環構造としてとらえる考え方です。何かものごとを行うとき、人はこのように物事を考えて、実行し、やった仕事の出来不出来を評価して次につなげて、行動するということを説明するための単純な思考図式のようなものともいえます。

 この循環図式で考えることは確かに一つの結果を追えるというメリットはありますが、反面、もっと複雑なものを考えるときにこの循環する図式は使えるのかどうかーまた、主要因以外の従属的な要素が多く、その影響の度合いがわからない場所での使用は、画一的な思考に陥る原因ともなるとも考えられます。

 ちなみに、PDCAサイクルは、Plan(計画の策定)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)という流れで継続的に改善を計るモデルです。

7回の閲覧