PFAS汚染ー柔らかい人体は常に化学物質から侵されることを考える

PFAS汚染=ピーファス

PFASは通称、ピーファスは有機化合物の総称です。人体に対して化学物質がダメージを与える最も基本的な要素は人体に残存する、それ自体変化しないということです。

ピーファスの用途

ピーファスは熱、油、水を寄せ付けない特性があります。家庭用品ではフライパンの焦げ付き防止剤、化粧品のコンシーラー、撥水・撥油性の食品包装材などあらゆるところで使用されています。

ピーファスの歴史

1983年に米にデユポン社が偶然に発見したことから始まり、この商標「テフロン」はウラン濃縮施設の配管のコーティング材として使用され、3Mが安価ものを開発して、世界中で日用品に使用されるようになります。

ピーファス=フォエバーケミカル

ピーファスは永遠の化学物質と呼ばれます。微量でも、発がん性など人体に健康被害を及ぼす恐れがあり、自然界で分解されるまで、数千年と言われています。

ピーファスの危険性の隠蔽

米国では、1950年代〜90年代にかけてすでに動物実験でも結果に気付いているにもかかわらず隠蔽してきた歴史があります。

バイデンは特に消化剤による基地汚染を問題視

ピーファスの有害物質規制と除染、飲料水基準の法的規制と罰則、健康影響調査を公約しています。

今後できること、ピーファスに対する認識を高めること

日本のメディアは環境や健康問題に敏感でないことから常にこのことの認識を高めることから始めなければならないと考えます。


参考 THE BIG ISSUE 399 「PFAS」永遠の汚染