スウェーデンと日本の新型コロナウイルスに対する公衆衛生的介入の違いは?

Forbes Japan にスウェーデン在住の医師(宮川絢子)へのインタビュー記事が載っています。そこで、諸外国と日本の感染者数・死亡者数の差は、政策の差としては説明しきれない、感染性の人種差や疫学的バックグラウンド、衛生観念など、日本が有利となっている何かしらの原因があるのではと述べています。また、新型コロナ政策を比べてみると、スウェーデンと日本の大きな違いは学校が休校しているかどうかという点だけとも述べています。政府の強くぶれないリーダーシップに対する国民の信頼性が高いことがスウェーデンの強みであると医師は感じています。今後、経済的な復興と公衆衛生的介入とのバランスの取りかたが優れていたかどうかは、結果として現れてくるのだと思います。



96回の閲覧