社会・環境・生活を考えること

社会を考える切り口は、一つではありません。多くの確からしい切り口があって、一つの切り口が正しいものであるということはまずありません、ただ、社会学を知ることは、その一つの考えに異を唱えるにしても、別の考えの足掛かりになる考えを知ることになります。

​社会学と哲学、政治学は領域を区別することなく掲載することになりますが本来、これらの区別は特に必要なものではないと思っています。​